コースの特徴

このコースは、よくある学習法、教授法のコースと異なり、脳科学の研究で実際証明されている結果を元に作られています。クラスや学習での具体的な使い方もたくさん紹介しています。

コースの対象者

  • 教え方を改善したい教員の方
  • 子供の成績を伸ばしたい親御さん
  • 自分の成績を伸ばしたい学生の方
  • 新しいことを効果的に学びたい社会人の方


特に、以下のような問題、不安、またはチャレンジを抱えている方にとても有効です。


  • 効果的な勉強の仕方を生徒にアドバイスしたい教員の方。
  • 効果的な勉強の教え方を知らず、自分が教えてもらった方法で教えてしまっている教員の方。
  • 脳科学の知識が自分のクラスにどう役に立つか疑問に思っている教員の方。
  • 自分の子供が希望の学校に進学できるよう手助けしたい親御さん。
  • 学習を先延ばししてしまう癖を克服したい学生、又は社会人の方。
  • 限られた学習時間を最も効果的に生かす方法を知りたい社会人の方


このコースでは具体的にどのようなことを学びますか?

コースを受ける前後に次の質問の答えを考えてみてください。コースを受けた後には、自信を持って質問に答えられるようになります。

  • 次の4つのチョイスのうち、最も効果的だと脳科学の研究で証明されている学習法はどれですか。1) 教科書などを何度も読み返す。2)教科書などをハイライトを入れたり、アンダーラインを引きながら読む。3)フラッシュカードなどを使って、自分の記憶、理解が正しいがチェックする。4)本などに書いてあるアイディアの構成を考え、コンセプトマップを自分で作ってみる。

  • 自分は、携帯電話などにすぐに気が散ってしまって勉強に集中できません。それを克服する良い方法はありませんか?

  • 次のテストに5時間かけて勉強する予定です。その5時間をどの様に使うのが最も効果的な使い方でしょうか?

  • 自分の子供は、学校の宿題でドリル練習がよくでます。果たして、ドリルは勉強には効果的なんでしょうか?もしかして、ドリルは子供の創造性を潰してしまう良くない勉強法なのではないでしょうか?

  • 考えが行き詰まって、問題が解けなかったり、仕事でいいアイディアが浮かばなかったりということがよくあります。そういった時は、何をするのが効果的ですか?

  • 自分の子供は、いつも一夜漬けでテストに臨み、次の日のテストでは、まあまあの点を取ってきます。どの様なアドバイスを与えればいいでしょうか?

コースの概要

ビデオは合計1.5時間

  1. 1
    • 受講目的

    • 01. 対象受講者

    • 02. 効果的な受講の仕方

  2. 2
    • 脳のニューロンについて

    • 03. ニューロンと学習の関係

    • 04. ニューロンのネットワークを作る方法

    • 05. ニューロンから点へ

    • 06. クイズ

    • 自分で説明してみよう!

  3. 3
    • どれが正しいと思いますか?

    • 07. 長期記録はどこに保存される?

    • 08. 長期記録の容量はどのくらい?

    • 09. ブレインダンプとは何?

    • ブレインダンプ

  4. 4
    • あなたがよく使う勉強法はどれですか?

    • 10. 最も効果的な勉強法は?

    • 11. リトリーバル 練習の効果

    • 12. 単なる暗記の道具?

    • 13. クラスに取り入れる方法

    • 14. 自分の学習に取り入れる方法

    • 15. 考えてみよう!

    • リトリーバル練習の経験

    • あなたは、リトリーバル練習をどう取り入れる?

  5. 5
    • 学習の効果を上げる方法

    • 16. 継続

    • 17. 睡眠

    • 18. 間隔をおく

    • 19. 運動

    • 20. 振り返ってみよう

    • 向上できる点はどこ?

  6. 6
    • どれが正しいと思いますか?

    • 21. ワーキングメモリーとは何?

    • 22. 容量

    • 23. ワーキングメモリーと長期記録の関係

    • ワーキングメモリーのリミット

    • 24. ブレインダンプをしてみよう。

    • 長期記憶とワーキングメモリーの違い(インターリービング )

  7. 7
    • 25. 事前知識の重要性

    • 26. スキーマについて

    • あなたの経験

    • 27. レースカータイプと登山者タイプの学習者

    • 28. 「足場かけ」(Scaffolding)の重要性

    • 29. 自分のクラスや、学習に取り入れよう

    • どうやって足場かけを取り入れる?

  8. 8
    • どれが正しいと思いますか?

    • 30. 陳述的記憶について

    • 31. 海馬の陳述的記憶における役割

    • 32. 陳述的記憶のまとめ

    • 33. 陳述的記憶を助ける授業の行い方

    • 34. 記憶の固定化(CONSOLIDATION)について

    • 35. 記憶の固定化(CONSOLIDATION)を早める方法

    • 36. 陳述的記憶を説明してみよう

    • リトリーバル練習をしてみよう!

  9. 9
    • 手続き記憶に関するクイズ

    • 37. 手続き記憶について

    • 38. 手続き記録と学習の関係

    • 39. 手続き記憶に有効な練習の方法

    • 40. ダイレクト インストラクションとは何?

    • 41. 自分の授業、学習に取り入れてみよう。

    • 陳述的記憶と、手続き記憶の関係

  10. 10
    • 行き詰まったらどうする?

    • 42. 脳の2つのモード

    • 43. 脳のモードと学習の関係

    • 44. ハードスタートテクニック

    • 45. 脳の2つのモードを取り入れてみよう

    • 脳の状態

  11. 11
    • あなたは集中出来ますか?

    • 46. 結果ではなくプロセスに注目しよう

    • 47. ポモドーロテクニック

    • 48. 「タスク切り替え」とは何?

    • 49. ポモドーロテクニックを使ってみよう

    • ポモドーロテクニックをどうやって取り入れる?

  12. 12
    • 50. まとめ

    • 実際使ってみたいテクニックはどれ?

    • このコースから学んだことは何?(Two Things)

  13. 13
    • コースへのフィードバック  

受講者からのレビュー

5 星評価

効果的な学習方法を論理的に理解できる

緑 大野

「脳科学に基づいた」とある通り、脳がこうやって働くから新しい知識が定着するという、記憶のメカニズムの解説から始まり、効果的に学習を進める方法をわかりやすく、丁寧に解説していただいているので、すべての学習者と教授者におすすめします。

「脳科学に基づいた」とある通り、脳がこうやって働くから新しい知識が定着するという、記憶のメカニズムの解説から始まり、効果的に学習を進める方法をわかりやすく、丁寧に解説していただいているので、すべての学習者と教授者におすすめします。

縮める
5 星評価

教師としても学習者としても

Masataka Murakami

教師としても学習者としても、実践的な気づきがあり受講してよかったです。脳の仕組みや傾向性を知ることで、具体的な対策をもって現状を改善することができると知りました。ダイレクト・インストラクションやポモドーロ・テクニックのところでの学びは、自分の現状にとって特に効果的なので早速取り入れて見ます。

教師としても学習者としても、実践的な気づきがあり受講してよかったです。脳の仕組みや傾向性を知ることで、具体的な対策をもって現状を改善することができると知りました。ダイレクト・インストラクションやポモドーロ・テクニックのところでの学びは、自分の現状にとって特に効果的なので早速取り入れて見ます。

縮める
3 星評価

コンパクトによくまとまっていました

智明 宮本

Uncommon sense teaching とMoocの内容を日本語にされた努力に敬意を表します。アンケートはありましたが,Moocにあるような多肢選択形式の理解度テストとその解説を入れておかれるともっとよかったかと思います。

Uncommon sense teaching とMoocの内容を日本語にされた努力に敬意を表します。アンケートはありましたが,Moocにあるような多肢選択形式の理解度テストとその解説を入れておかれるともっとよかったかと思います。

縮める
Watch Intro Video

ビデオ

サンプル

協力者、参考資料

Uncommon Sense Teaching

このコースは、Barbara Oakley, PhD (バーバラ • オークリー教授)との協力、許可により作られています。バーバラ • オークリー教授は、オンラインコースCoursera (コーセラ)屈指の人気コース「学び方を学ぶ―難しい科目をマスターするための強力なメンタルツール(Learning How to Learn: Powerful mental tools to help you master tough subject)の作成者であります。 この日本語のコースは、バーバラ • オークリー教授の最新の著書である、「常識外れた教授法:脳科学の実用的な洞察を使い、生徒が学ぶのを助ける方法」(Uncommon Sense Teaching: Practical Insights in Brain Science to Help Students Learn, 2021) という脳科学の研究で証明されている効果的な教授法、学習法についての本と、それに伴うCoursera のコースを元に作られています。 興味のある方は、そちらの本とCourseraのコースもぜひチェックしてみてください。 このコースのイメージは、バーバラ • オークリー教授の許可を得て使用しています。 Based on the book Uncommon Sense Teaching, and the Coursera course, imagery used by permission.
Uncommon Sense Teaching Book Cover

インストラクター

斎藤 浩代

ここ20年間、アメリカの大学で教育デザイン&テクノロジーの仕事に携わる。現在は、リベラルアーツの大学、ハーバーフォード大学の、教育デザイン、テクノロジー部門のディレクターを務める。以前は、MITなどの大学で、言語センターのディレクターを務める。現在は、「脳科学を生かす教授法・学習法」、「教育のためのテクノロジー」などのトピックに関するワークショップを行ったり、個々の先生方にアドバイスを提供したりしている。ボストン大学大学院からの「教育メディアとテクノロジー」の修士号と、セントマイケルズ大学大学院からの「英語教授法」の修士号を所有。アメリカに移住する以前は、日本で、高校と中学での英語教員として、数年間、中等教育に携わる。

メールアドレス登録

あなたのメールアドレスを登録し、新しいコースなど最新のニュースを受け取りましょう。

ありがとうございます